読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごいだいず

濃さは普通です in Canada

27週:日本の妊婦検診との違い

27週、欧米流に言うとthird trimester突入だ。日本流だと28週から妊娠後期になる。
この時期に妊娠糖尿病を発見するために血糖値を検査するのは日本と同様のようだ。食事制限とかしたくないから引っかからないといいなー。
カナダと日本の妊婦検診はどの辺が違うのかを列挙してみる。

・エコー検査が12週と20週の2回のみ
妊娠初期の経腟エコーなんてもってのほか、10週頃心音を確認するまでは尿検査のみ。初期異常とか双子とか分からないので、妊娠発覚からしばらくは不安な日々を過ごすことになる。1回目は染色体異常などの兆候がないか、2回目は胎盤の位置などの確認がメイン、あくまで検査らしい。赤ちゃんのお顔を見ようとか性別を確認しようといった楽しそうな感じではない。

サプリメント推奨
妊娠が分かるとすぐドクターにprenatal vitaminsっていうビタミン、葉酸、カルシウム、鉄分配合のサプリを勧められる。処方でなく薬局で買ってねと。ひと粒がやたらデカいけど効率的で良いわねーと思ったが、葉酸1mgとか、日本なら摂取上限レベルなんだがどうなのか。私は身体が大きいからいいかな…。初期に貧血になったので鉄分を、友達の勧めでオメガ3を追加。飲みすぎの気がしないでもない。

出生前診断が保険適用
12週と15週に血液を採取して、胎児の染色体異常の確率を算出する診断がある。任意だが保険適用なので受ける人が多いらしい。12週のエコー結果と年齢等を総合的に判断して、リスクが高い人は羊水検査を受けるかドクターと相談するらしい。

母子手帳がない
ファミリードクター、エコークリニック、birthing centerとそれぞれの施設で電子カルテを共有しているので患者の管理はできているということなんだと思う。なので私は自分の血圧や体重を正確に把握していない。いつもナースが測ってくれるのをチラ見している程度。母子手帳はいい制度だからみんな真似すればいいのになー。