読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごいだいず

濃さは普通です in Canada

モントリオールでお正月

カナダ生活

明けました。

冬季は日本と北米東岸は14時間の時差のため、大みそかに寝起きでぼんやりしていたら日本からあけおめLINEが来てびっくり。

カナダでは新年はさして大切でないので、一般的には1/2から仕事開始の人が多い。だが、今年は2日と3日が週末に重なるので、日本のような三が日が過ごせる。いとこ一家が年末から連泊し、しかも雪が降ったので外出もしづらく、みんなでのんびり過ごす年末年始となった。

コンビニもスーパーも年中無休なのは日本くらいだとは聞いたことがあるが、やはりこちらは容赦なくほとんどのお店が閉まるので、ママは28日あたりは1日中あっちこっちとお買い物をしていた。冷蔵庫はパンパン、地下の冷蔵庫もいっぱいでさらにジュースやシャンパンは雪降る外に出していた。


簡単に年末年始の様子を。

大みそかはパパやママや叔母が作ったスープ・ラザニア・エンパナーダ・イタリアンウインナー・プディングなどを囲んだ。年明けの瞬間はBonne année! とシャンパンで乾杯。

元日は各自起き出しカフェラテを飲みながらだらだら。11時頃にみんな揃ってブランチを食べる。クロワッサン、パンオショコラ、バゲッド、各種チーズにハム、フルーツなどがずらりと並ぶ。パンを温めるだけなので準備は簡単だ。(ソフトチーズや生ハムなどは妊娠中は食べられないので悲しい)

そしてもうひと眠り・家族でおしゃべりやゲーム・大学フットボールのTV観戦と日本とそう変わらない寝正月。気づけばママ達がチキンの丸焼きを焼いたりケーキにモカクリームを塗ったりと夕食の準備をしていた。何もせずに一日が終わってしまった…!


ケベックシティーからやってきたいとこ一家は主にフランス語で会話するので、注意深く会話の流れやみんなの表情を読んでいかないとたちまち置いてけぼりになる。今年は体調不良を理由に思い切って自ら置いてけぼり路線を選んだ。みなさんごめんなさい。


今週のお題「年末年始の風景」